2018年01月


詳細なルールはこちら 。    
追加ルールはこちら

ダンジョン作成関数リンクまとめはこちら




次は、keys[ key & ‾0x20 ] = 0x80;。なんかややこしそうだねえ。


まずは、0x80 がなんなのかを復習しとこうか。手始めにさ。見たことあるじゃんね。


| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

0x80 ってのは16進法の80を16進法として表記するための表記法なんだよね。

__________| ここ


オッケー。


[ key & ‾0x20 ] はビット演算だろね。たぶんね。そんなんもあったじゃんね。




←前へ|G58|次へ→



240文字。1日分の野菜。




今回の1日目分は2/4の-73:00更新。
よって次回更新期限は2/5の-1,058,393:0  0


18:30頃
家賃振り込み
口座-28000

口座引き出し
口座-114000
財布+114000



18:46
公共料金の支払い
財布-8924-26470-42000


18:47
クレカ-460





19:00頃
アコム返済
財布-57000
クレカ+57000



19:10
スーパージャンボ潰れてた。。

今までありがとうスーパージャンボ。



19:22
まいばすけっとにて
クレカ-1653







24:56
面倒だけど〆ないとね。月に一回は最低でも。

< スマホ >



< クレカ >

1/1時点残額1765025-117-499-785-676-290-714-563-728-600-722-1989-320-2009-433-2175-622-2096-920-1772-920-2033-1842-1855-460-1769-2651-1374-460+57000-1653-スマホ代7828-1080=計算残額1,780,070
計算残額1,780,070-実残額1779477=593
これくらいは余裕でスルーだね。

< 財布 >

1/1時点残額7608-110-3710-140+20000-1050-150-550-180+114000-8924-26470-42000-57000=計算残額2,224 
計算残額2224-実残額325=1899
だいぶ差が大きいけど面倒だからスルーね。

< 口座 >

問題なし。



< 実全財産 >
口座 825025
財布 325
合計 825350

< 残HP >
実全財産 825350
クレカ 1779477
合計 2,604,827


22:48
クレカ-1374




詳細なルールはこちら 。    
追加ルールはこちら

ダンジョン作成関数リンクまとめはこちら




次は何かな?if( key>='a' && key<='z' ) だね。特に説明もいらなそうだけど、念のためにやっとこう。


まず && は「かつ」を意味する演算子だね。どっかでやったね。


んで、文字を「''」で囲むと「文字コード」になるんだったね。


| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

要素数が文字ってどういうこと?って感じかもだけどさ、これは "文字コード" だね。文字を ' ' で囲むと文字コードを表すんだったよね。

__________| ここ


実験すると、


| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

#include <stdio.h>


int main(void)

{

printf("%d¥n",'a');

printf("%d¥n",'z');

return 0;

}

__________|


↓実行


| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

97

122

__________|

ってわけで、まとめると if( key>='a' && key<='z' ) はイコール「if( key>=97 かつ key<=122 ) ってことなわけだね。

key には _getch() で入力された文字の文字コードが格納されてて、それが 97以上122以下なら実行文を実行てことなわけだね。アルファベットは26種類だからピッタリだね。





549文字。2日文。




今回の1日目分は2/2の-50:00更新。
よって次回更新期限は2/3の-1,058,636:00

今回の2日目分は2/3の-74:00更新。
よって次回更新期限は2/4の-1,058,514:0 0



詳細なルールはこちら 。    
追加ルールはこちら

ダンジョン作成関数リンクまとめはこちら




次、怪しいのが _getch() だね。また謎関数。ググればすぐわかるだろうけど。


| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

戻り値 

読み取られた文字を返します。 エラーの戻り値はありません。

__________| ここから引用


ふむ。よくわからんね。


| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

機能 

キーボードからエコーバックなしで1文字読み込み、読み込んだ文字を返します(戻り値は整数型)

__________| ここから引用


なるほどね。なんとなくわかったような気がするね。「エコーバック」ってのが何かは不明。


| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

リアルタイムキー入力はgetchを使って以下のように記述するのが一般的です。


if (kbhit()) c = getch();


kbhit はキー入力があったかどうかを判定する関数です。
こう記述すれば、キー入力のあった時だけ、getchで入力されたキーを取得しに行くことができます。

__________| ここから引用


ふむふむなるほどだね。


ちなみにこいつも kbhit と同じくアンダーバーが必要。ISOうんぬんでさ。




←前へ|G56|次へ→



492文字。2日ぶん。



今回の1日目分は1/31の-25:00更新。
よって次回更新期限は2/1の-1,058,831:00

今回の2日目分は2/1の-49:00更新。
よって次回更新期限は2/2の-1,058,734:0 0


↑このページのトップヘ