詳細なルールはこちら 。    
追加ルールはこちら

make関数の全容はこちら
真CDun01クラス宣言はこちら
splitRect関数の全容はこちら
createRect関数の全容はこちら



さて else で分岐した後の実行文はどんなか?
なんかけっこう長いんだけど、まずは ↓ 。

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
// 区分を分割できるか?チェック
if( RECT_H(*pRect) < (MIN_ROOM_SIZE+3)*2+1 )
{
// 分割できるほど今の区画は広くないので終了
return;
}
__________| ここ

なんかどっかでみたことあるような感じだね。
if文の実行文として既出だよね。ここから始まってここまで。

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
if( RECT_W(*pRect) < (MIN_ROOM_SIZE+3)*2+1 ) {return;} の RECT_W(*pRect) ってのはマクロのテキスト痴漢で (*pRect).right-(*pRect).left になって、それは 60-0 ってことだからイコール 60 だね。
__________| ここ

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
MIN_ROOM_SIZE は 4 だったんだから、これで RECT_W(*pRect) < (MIN_ROOM_SIZE+3)*2+1 ) は 60 < (4+3)*2+1 ) となって、計算すると 60 < 15 だから条件式は偽ということだね。
__________| ここ

else文でも同じだから、そのまんまだね。



11/30の-0:03更新。8075時間25分オーバー。
次回更新期限は12/1の-8028:35。